1. トップページ
  2. プラチナについて
  3. 電気の力をもつ物質に変身する

「ナノサイズプラチナ微粒子」とはいったい、どのようなものでしょうか。

プラチナを飲めるワケ神秘の力を持つ「正二十面体」電気の力をもつ物質に変身するなぜプラチナ微粒子が黒いのか?光を放つ水飲む音楽

プラチナ微粒子は、プラチナそのものにはない驚きの力をもっています。それは「電気の力」。

プラチナは小さなサイズになると、原子が正二十面体をかたちで集まります。

表面にあらわれているプラチナ原子の数が多くなるため、電子も表面にあらわれ、プラチナ微粒子は「電子の雲」に取り囲まれています。

さらに、「sai」をつくる過程で(-)で、電位(電気の力)を帯びるのです。

プラチナの電位
電気の力
正二十面体

プラチナ微粒子の電位は、マイナス(−)40mV。

この値は健康な細胞の電位差と非常に近く、

プラチナ微粒子を飲むことでバランスを整えることが期待できます。

しかも、体内にある間、ずっと電位を体に送りつづけることができるのです。